• HOME
  • スタッフブログ

リビングと和室を間取り変更

  • 投稿日:2018年 9月24日
  • テーマ:ブログ

リビングを広くしたい!

昔は親戚が集まるのが当たり前だったので
大広間が出来るようになっていましたが
近年では部屋を仕切るのが当然になっていますね。

変換 ~ DSCN6240.jpg

リビングの奥に和室がありますね。

家族構成によっては、とても良い間取りです。
年配のお父さん、お母さんにとっては
とても有難い寝室ですものね。




変換 ~ DSCN6223.jpg

でも、ご家族構成によっては、逆に「使いにくいわ~」ってなります。

この壁、抜けたら広くなるのになあ・・・
って思う方もいらっしゃいますよね。

ただ、右の袖壁は耐力壁になっていて
もちろん不可能ではないのですが
大変な手間と費用が掛かってしまいます。




変換 ~ DSCN6234.jpg

せめて、こちら側の壁だけでもなくなれば
リビングを広く使えるのに。。。

ということで、やってみましょう!




変換 ~ DSCN6472.jpg

天井に梁を補強して、柱を撤去しました。

右側の壁は、やはり大切な耐力壁になっていましたので
今回はあきらめました。

奥の壁はにアクセントをつけて
部屋に奥行きが出ましたね。




変換 ~ DSCN6464.jpg

押入も、洋間に合わせてクローゼットにしました。
だいぶ広くなって、使いやすくなったと喜んでいただけました♪♪

「あれ? 扉の色・・・」
気付かれた方、さすがです。

既存の折戸が廃番になっていましたので
似た色になってしまったのが少々心残りではあります。。。


余談ですが。。。
廃番 ・・・ 整理用の番号・品番のことで、カタログなどからの抹消を意味する。
廃盤 ・・・ レコードやCDなどの原盤を破棄する意味。 
廃版 ・・・ 書籍の原版のこと

のように、廃棄・廃止される対象によって使い分けるそうなんですが
要は、原盤や原版がなくなってしまうので
印刷も製造もできなくなってしまうという意味なんですね~


って。。。どうでもいいですね。。。




疑問やご質問がございましたらこちらまで ↓
みわいロゴブログ用.jpg

マンション水廻りリフォーム 浴室

  • 投稿日:2018年 9月23日
  • テーマ:ブログ

マンションだって、お風呂を広くしたい!
って思いますよね。

確かにマンションには色々な制限がありますので
出来ないこともあるとは思います。

特にユニットバスの場合
大きさが規格で決まっていますので
万が一納まらないと大変なのです。

変換 ~ 23.jpg

でも、せっかくリフォームするなら
少しでも広くできたら嬉しいですよね。

どうせお金を掛けるなら
より価値のあるものにしたい!!

そのお気持ち、よくわかります。




変換 ~ DSCN5785.jpg

マンションは、コンクリートで出来ていますので
コンクリートの壁を動かすことはできません。

また、梁や柱があったりすると、ぶつかっちゃうんです。
マンションによって形や造り方が違いますし
図面と違うなんてことはよくある事
注意が必要です。




変換 ~ DSCN5790.jpg

ですが
マンションによっては可能な場合もあります。

こちら側は、コンクリートではないようなので
少しぐらいなら広げられそうです。

もちろん、隣接のトイレや洗面室との兼ね合いも考慮しなくてはいけません。
しかし、それを考えるのがみわいのお仕事。。。

お客様のご要望には、出来る限り応えるのが努めです。




変換 ~ 24.jpg

というわけで
広げてみました~

。。。雑ですね。。。すみません。。


通常のユニットバス工事の場合
工事の何週間も前に品物を頼んでおかないといけないので
実際現場で納まらなかったとしても交換できないから
結構怖いんです。。。

ですので
無難に今と同じ大きさでご提案する業者さんがいたとしても
その気持ちはとっても良く分かるんです。


でも、お父さんにとっても、ご家族にとっても
お風呂は憩いの場、一日の疲れをとる大切な場所。
ゆったりのんびりして欲しいですよね。


お父さん!いい加減出てよ~!



疑問やご質問がございましたらこちらまで ↓
みわいロゴブログ用.jpg





段差解消について

  • 投稿日:2018年 9月18日
  • テーマ:ブログ

こんにちは!

リフォームをする際に相談を受ける中で「バリアフリー」も最近多い気がします。

たとえば、廊下と部屋を仕切るドアの下枠
DSCN5235.jpg
1センチ~2センチと、「高さ」を感じにくいですね。
でも、「高さを感じにくい」からこそ、つまづきやすいといった高さでもあります。


あとは・・トイレの床
DSCN8518.jpg
ドアの開閉にスリッパが当たらないよう、トイレの床が下がっていたりします。


こちらのお宅ではトイレの段差解消は行わず、廊下の床の高さに合わせてお部屋の床の高さを合わせました。
DSCN0201.jpg
お部屋の入口を開き戸から引戸に出来たら・・
そんなご希望にも出来る限りお応えします♪
(間取り上、どうしても出来ない場合はありますが・・・)


段差を解消して「バリアフリーに!」というご相談があったり・・
「危ないので手摺を取り付けたい」というご希望があったり・・



実際にお話しを伺い、お部屋を拝見しながら使い勝手やご予算に応じて、よりよいご提案が出来たらなあと思います。








疑問やご質問がございましたらこちらまで。。。 【お問い合わせフォーム】

または、メールでどうぞ info@miwai.net





前の記事 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13
新築・リフォームなら私たちにお任せ下さい
はじめにお読みください

イベント情報

イベント情報について詳しくはこちら