所沢市S様の声

開放感あふれる空間で伸び伸び   子どもの成長に合わせた間取り

子どもの成長に合わせた間取り
~解放感あふれる空間で伸び伸び~

和空間の安らぎで家族の会話がはずむリビング

  Sさんご夫婦がこだわったのは
  「和」のテイストを取り入れた家。
  リビングの奥には、おしゃれな「小上がり」
  「畳の部屋が欲しくて作りました。
  私達のくつろぎ空間になってるんですよ」
  と奥様が案内してくれました。
  小上がりはキッチンカウンター越しにあり
  炊事をしているときでもお子さんに目が届く
  安心感があります。
  また、夕食後も小上がりでご主人と
  カウンター越しに会話も弾みます。




子育てに合わせたアイディア設計

  小上がりには省スペースで使い勝手を重視した工夫がいっぱいです。
  例えば、お子様の知恵を育む工夫。
  キッチンカウンターの小上がり側の壁に絵本のラックを設置し
  お子様が好きな時に自分で絵本を取り出せ、しまうのも簡単。
  このちょっとした工夫で、読書習慣もバッチリ身に付きます。
  そして、早くもお子様は本好きのご様子。
  住環境が子どもの知的好奇心を育てるようです。

  実は、この部屋、障子で仕切ることができ、「来客部屋」に早変わり
  障子を閉めればプライバシーも保てる和室になります。
  これならおじいちゃんおばあちゃんも気軽に泊まりに来てくれそうです。

  1階リビングは広々。
  フロアは裸足で心地よい無垢材、足裏感覚は脳を刺激する作用もあるそうです。
  リビングから2階、ロフトへと吹き抜けになっていて、解放感抜群です。

  お子様がまだ3歳なので、2階は小部屋を作らず、今はスペース重視の広々空間。
  今後、ご家族の人数やお子様の年齢に合わせて
  部屋を自由自在につくることができる設計になっています。
  ロフトも広く、収納力もバッチリです。

経験豊富な建築士、要望も予算内で解決

  取材しているわずかな時間だけでも、天然木の癒やし効果に包まれ
  気分が落ち着くことに気付きました。
  これだけ機能性にあふれた天然素材の家は、きっと高額になったのでは?
  「いろいろ要望を言ったので割高になると思いましたが予算内に収まりました。」
  と教えてくれたSさん。
  その訳はみわい工房の営業担当が「建築士」であるということ。
  これまで2000件を超える新築やリフォームの相談を受けてきた建築士だからこそ
  Sさんご夫婦のさまざまなご要望に応えつつ、予算内の提案をしてくれたそうです。
  「材質のことから、つくる工程までわかりやすく説明してくれたのも
  知識が豊富な建築士ならではだと思います、安心と信頼につながりました。」とSさん。
  また、各担当の職人にもSさんの思いを直接伝えられたことも完成時の満足感につながったようです。

  完成後もSさんファミリーにとって、みわい工房は、何でも相談できる
  「お抱え工務店」のような交流が続きます。

※取材記事より抜粋

新築・リフォームなら私たちにお任せ下さい
はじめにお読みください

イベント情報

イベント情報について詳しくはこちら