浴室改装 仕様確定~契約まで

  • 投稿日:2019年 2月10日
  • テーマ:ブログ


こんにちは!

メーカーショールームでお風呂の仕様が決まると、再度工事内容の確認です♪
仕様変更することで金額の増減が発生しますので、全体的な金額を見ながら調整するわけですね~

お風呂を変えるにあたって、関わってくる工事について少しお話ししますと‥
1.洗面所のお風呂出入口の壁
2.洗面所のお風呂出入口の床
3.お風呂の窓
4.給湯器
5.洗面所の出入り口ドア

どのような工事が必要になるのか、もうちょっと具体的に見ていきましょう。

1.ユニットバスの入口ドアも変わります。これに伴い、既存の枠が使えなくなることが多いんですね。
  なので枠を交換すると、この面の壁クロス張り替えとなるケースもあります。
2.洗面所の床部分にシミが出ていますが、この部分は傷んでいることが多い部位でもあります。
  傷んでいる下地だけを補修し、クッションフロア張替えにするのか、或いは寒さ対策に洗面の床をそっくり外して床断熱を入れるのか。 
浴室リフォーム隣洗面所の床シミ

3.こちらはお風呂の窓ですね~
ユニットバスは、0.75坪や1坪の空間の中に、一回り小さい箱を入れるイメージです。
壁いっぱいに窓があると、ユニットバスの壁の幅より窓が大きくなってしまう‥なんてことになるんですね。
このような場合は窓を交換するケースが多いのです。
浴室改装既存浴室窓

4.給湯器は標準的な使用条件の下で安全上支障なく使用できる設計基準使用を10年と設定しています。
浴室工事の際、給湯器の年式を見て交換をお勧めする場合もありますね~

5.洗面所の出入り口‥一見、お風呂工事と無関係に思えます。
が、洗面所のドアが狭すぎるとユニットバスが搬入出来ない!なんてこともあります。
現調時に搬入経路は確認しますので、場合によっては洗面入口ドアを変える可能性も。


他にも2Fに浴室がある場合だったり、マンションなどの集合住宅だったり、そのときそのときで発生するかもしれない工事はまちまちです。
今やったほうが良いこと
後々からでも出来ること

事前に予算・どこまで工事を行うのかをしっかり打合せしたうえで契約したいですね!






疑問やご質問がございましたらこちらまで ↓
みわいロゴブログ用.jpg


新築・リフォームなら私たちにお任せ下さい
はじめにお読みください

イベント情報

イベント情報について詳しくはこちら