• HOME
  • スタッフブログ

畳をフローリングへ

  • 投稿日:2018年 9月 7日
  • テーマ:ブログ

和室の床(畳)をフローリングにする工事は
とても多くある工事の1つです。

その前にちょっと考えてみました。
畳に良いところは何でしょうか?

良いところは色々ありますが
1つは断熱性、2つ目は調湿性だと思います。

畳には温かさがあり、さらには湿気を吸ってくれる
調湿作用があります。
それが、和室が冬温かくて、夏涼しい理由の1つです。

「うちの和室は寒いわよ!」という方もいらっしゃいますね
、、、すみません。
昔は断熱材がなっかったですもんね。。。

変換 ~ DSCN6624 - コピー.jpg

そのままフローリングに変えてしまうのは
畳の長所がそっくり失われてしまうのです。。。

そこで、無垢材が候補の1つにあがります。

まずは畳を引き上げます。
最近の畳の下は、荒床ではなく、合板の場合が多いですので
施工はとても楽になりました。




変換 ~ DSCN6625 - コピー.jpg

最初にお話しした1つ目のテーマ、断熱性の確保です。
畳には厚みがありますので、それを利用して断熱材を敷きます。

25㎜ですが、高性能な床断熱材なので
かなり有効です。




変換 ~ DSCN6631 - コピー.jpg

2つ目のテーマは調湿作用でしたね。
1つ目の断熱性と2つ目の調湿性を兼ね備える
素晴らしい床材が「桐」なのです。

桐材には空気が多く含まれていて
断熱性が高く、あたたかいのです。

また、その空気が、湿気を吸い込むため
とても調湿性が高く、夏場の湿気を吸収してくれます。




変換 ~ DSCN6632 - コピー.jpg

桐というと白いイメージだと思いますが
今回の桐床は、自然塗料で着色しています。

落ち着いたやさしい雰囲気になったと思います。

その肌触りは、とても心地よく
お子さんはいつもゴロゴロしています。

あ、ついでにパパも。。。♪


6帖1部屋の桐床の貼替は
畳処分、断熱材、桐床張りで

施工1日、費用は20万円ほどでした。




疑問やご質問がございましたらこちらまで。。。 【お問い合わせフォーム】

または、メールでどうぞ info@miwai.net

台風・花粉に負けない!洗濯場が欲しい!

  • 投稿日:2018年 9月 6日
  • テーマ:ブログ

台風、嫌ですね。。。
先日の台風、皆様は大丈夫でしたでしょうか?

雨の日の洗濯物。。。困ります。
花粉シーズンなんかもつらいですよね。。。

そんな時、サンルームはやっぱり憧れます。




変換 ~ DSCN4153.jpg

ウッドデッキに屋根を付けた部屋
「サンデッキ」なんて呼び方をします。

サンルームは憧れですが
アルミのサンルームは、中々の暑さ寒さとなりますので
木製だと少しやわらぎます。




変換 ~ DSCN4158.jpg

ウッドデッキも素敵ですね。
バーべキューもできそうです♪

そこにサンルームを設けて、洗濯物干し場にしました。




変換 ~ DSCN4171.jpg

奥に見えるのは洗濯機用の防水パンです。
こちらで洗濯をして、そのまま干します。

隣の部屋はキッチンなので、家事はかなり良い感じですね。

床板は赤松、ヒノキや米松を適材適所に使用して
とてもあたたか味のあるサンデッキになりました。




変換 ~ DSCN4169.jpg

もちろん、雨でない日はオープンにして
縁側のようにして使用します。

広いリビングと隣接しているので、掃出し窓を開ければワンピース!
子どもたちはぐるぐる走り回ります♪♪


あんた達 いい加減にしなさい!。。。(ママ)





疑問やご質問がございましたらこちらまで。。。 【お問い合わせフォーム】

または、メールでどうぞ info@miwai.net

マンション水廻りリフォーム キッチン

  • 投稿日:2018年 9月 4日
  • テーマ:ブログ

中古でマンションを購入する際
まず初めに気になるのは、水廻りですよね。

もちろん間取りが一番の決め手となるわけですが
奥様ならキッチンも重要なポイントではないでしょうか?




変換 ~ 13.jpg

こちらのマンションは、対面式のキッチンでした。
年数が経っていましたので、まあまあ使い込んでおります。。。

マンションの場合、排管の移動が困難な場合もあり
キッチンやユニットバスは場所移動が出来ないケースもありますが
使いやすくはできると思います。



変換 ~ 14.jpg

角の壁を撤去して、見通しを良くしました。

出入り口の広さは変わっておらず
動線的には変化ないのですが、気持ちが楽になったそうです。
背面収納もお好みの冷蔵庫の寸法に合わせてセットします。




変換 ~ 15.jpg

右側の壁はあると圧迫感がありますが
水跳ねが気になる方には必要な壁なのです。

今回はお施主様の意向で、壁を撤去しました。




変換 ~ 16.jpg

閉鎖感がなきなり、とてもスッキリしましたね。
小さいお子様に目が行き届くので、安心です。

キッチンの天板は、人造大理石を選ぶ方も多いですが
ステンレスをも好む方もたくさんいらっしゃいます。
熱に強いのが特徴ですね。
お好みですが。。ステンレス。。。かっこいいです♪





疑問やご質問がございましたらこちらまで。。。 【お問い合わせフォーム】

または、メールでどうぞ info@miwai.net

前の記事 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16
新築・リフォームなら私たちにお任せ下さい
はじめにお読みください

イベント情報

イベント情報について詳しくはこちら