• HOME
  • スタッフブログ

浴室改装ってどんなふうに工事するの?

  • 投稿日:2019年 1月29日
  • テーマ:ブログ

こんにちは!

寒~い冬はお風呂の温かさで身も心もポカポカにしたいですね~

「お風呂が寒い!」「ヒートショックが心配!」
そんなお客様の声もよく聞きます。
在来のお風呂ですと、タイルの割れや脱衣所との段差なども気になるところです。

在来浴室から在来浴室ももちろん可能ですが、お手入れのしやすさと工期の短さからユニットバスに変えるケースがほとんどです。

「ユニットバスじゃ嫌だ!」
そんなこだわりがある方も、ぜひぜひ一度ご相談くださいね~♪

また、ユニットバスの入れ替えをする際に
「もうちょっと大きいサイズって入らないかしら・・?」
なんていう相談を受けることもあります。
出来る場合と出来ない場合がありますので、まずはお尋ねください!
しっかりと現場調査したうえでお答えします♪

さて、今回は在来浴室からユニットバスへ入れ替える場合のお話です。

タイルとステンレス浴槽。冬は寒かったそうです。
築35年在来浴室ステンレス浴槽

バランス釜をお使いのお家もあったり・・
築45年在来浴室バランス釜

バランス釜を利用されている場合、キッチンに湯沸し器があったり、或いはキッチン用に小型の給湯器を取りつけていたりと様々です。
バランス釜の場合には、給湯や追い焚きの配管も考えないといけません。

そして昔のお風呂に多いのが・・大きな窓ですね!
寒い浴室の大きな窓

外からの視線も気になる部分はありますが、大きな窓は明るくて素敵です!
とはいえ、冬はこの大きな窓からお風呂の温かい空気が逃げてしまい、冷た~い外気が入ってきます。
お風呂が寒くなってしまう原因の一つがこの大きな窓。

窓の断熱が一つのポイントですね!

お客様からユニットバスの入れ替えをお願いされた場合、まず現場調査に伺います。

浴室の内寸を測ったり、窓や出入り口の位置関係を確認したり
元々のお風呂が追い焚き出来るのかどうかだったり
入口の幅をどの程度まで広げられるかだったり
写真を撮らせて頂いたりします♪
ご自宅の図面があるとありがたいですね!

最初のお問合せから工事完了まで、どんなことを打ち合わせるのか紹介していきまーす!

暖かくて快適なお風呂イラスト





疑問やご質問がございましたらこちらまで ↓
みわいロゴブログ用.jpg





リビングダイニングの棚

  • 投稿日:2019年 1月28日
  • テーマ:ブログ

こんにちは!寒い日が続きますね~
インフルエンザが大流行しているそうで、皆さまお身体ご自愛くださいね!

所沢市吹き抜けの明るいリビング.jpg
この時期、太陽光は貴重です!!
朝日がいっぱに差し込むリビングは気持ちがいいですね♪

先日紹介した造作収納の続きです。
所沢市天然木ダイニング①.jpg

キッチンの奥に見える"キッチン背面収納"です。
お客様が、お手持ちの既製品の白い家具をお持ちでしたので、その隣に"造作収納"を作りました。
隙間も残さず、違和感なく仕上がりました。
キッチン背面収納造作と既製品の組み合わせ
ダイニングスペースにもカウンター面を伸ばし、ほかに3段の飾り棚を設けました。
インテリア小物、本を置いてもいいですね。
材質は赤松です。
色はクリアです。この色は、時間の経過と共に、味わいのある色に変わっていきます。
天然木の長所の一つと言えます。

所沢市キッチン造作棚
これは、棚をあえてずらして配置しています。
背の高い花瓶なども置けますし、また違った雰囲気の棚スペースと言えるでしょう。
所沢市新築キッチン袖壁と造作カウンター
横から見たところ。
このカウンターですと、普通の椅子に座ってぴったりの高さになります。
カウンターチェアを置く場合や、ダイニングテーブルを置く場合には、もう少し高い位置にカウンターがきますので、配膳時などに便利ですね♪

ご家族構成やライフスタイルによって造作出来ますので、お話を伺いながら一緒に作り上げていきます♪
もちろん「お手持ちの家具を入れたい!」といったご要望にもお応え出来るようなプランを作成しますよ!





キッチンの造作収納(その2)

  • 投稿日:2019年 1月27日
  • テーマ:ブログ

こんばんは!

前回からの続きになります。
今日は背面の造作収納と、シンク、その周りを紹介します。

システムキッチンはトクラス( 水回り、ガス台、換気扇)を使用してます。
自然素材住宅システムキッチンと背面無垢収納
右側が造作した収納スペースです。
一部をオープン棚に。他には扉を取り付けました。

ここで天井部分にも目を向けていただきたいのですが、天高を高く取りたいこともあって、あえて梁を残しました。
そこで、ダウンライトを埋め込むスペースの確保と、アクセントの意味もあり、天井板を張り付けてあります。
収納棚の素材:赤松
天井材:赤松
床材:赤松

この写真ではあまり伝わりづらいのですが、この組み合わせは、なかなかの評判で、お客様にもたいへん喜んでいただけました。

※ちなみにこちらの家は平屋ですので、このような仕様が可能だったのですが、2階建ての場合には天井を不燃材で覆ったり下り壁を付けるなどの必要があります。

リビング側からキッチンルームを見る
対面キッチン造作カウンターリビング側から


キッチン腰壁の壁厚を利用した収納です。
キッチン袖壁無垢材ラック

脇に新聞や雑誌、レシピ本や、お子さんの学校連絡簿など、いつでも手に取れ、何かと便利なスペースですよ。
キッチン袖壁無垢材ラック新聞雑誌収納

他にもご要望に応じて袋かけを取り付けたり・・
キッチン袖壁壁厚収納袋掛け

上の二つ並んだスペースは、普段使う調味料入れなどに利用できます。
下のカウンターは配膳時にはもちろん、椅子を置けば忙しい朝食時にもその場で食べることができます。
カウンター下は、棚を作り、いつも使いのコーヒーカップやコップなどを置くことが出来ます。
対面キッチンリビング側カウンターや造作棚

皆さんのライフスタイルはどのような感じでしょうか?
「ああしたい」「こうしたい」をカタチに出来たら嬉しいですね!







疑問やご質問がございましたらこちらまで ↓
みわいロゴブログ用.jpg

前の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
新築・リフォームなら私たちにお任せ下さい
はじめにお読みください

イベント情報

イベント情報について詳しくはこちら